• たかまつ国際古楽祭

    古楽で創る高松とヨーロッパの架け橋。

  • ●たかまつ国際古楽祭について

    たかまつ国際古楽祭は、いまや世界的なクラシックの一大ジャンルである「古楽」を高松や瀬戸内の皆さんに紹介し、招聘したヨーロッパの著名な演奏家と芸術活動を通して文化交流していただくイベントとして企画されました。同時に、招聘した海外の演奏家達には高松市や瀬戸内の文化に触れていただくことにより、世界でも類稀な風土と文化を持つ高松・瀬戸内と世界をつなぐ架け橋になれば、と考えています。

     

    ゲストの音楽家たちには国際文化交流の一環として高松に来てもらい演奏してもらいます。演奏会後そのお礼として演奏家たちにはその高松市または近隣を視察してもらい、高松市の文化大使的な役割を担ってもらいたいと考えています。

     

    第2回たかまつ国際古楽祭は2018年4月21日(土)にサンポート高松第1小ホールにて午後2時と午後5時の2つコンサートを予定しております。みなさまのご来場、心よりお待ち致しております。

  •  

     

     

     

    ベルギーの名門古楽アンサンブル

    イル・ガルデリーノ

    第2回たかまつ国際古楽祭へ

    招聘決定!!

     

     

     

     

    今回の招聘はフランダース政府に援助により実現しました。
    メンバーとプログラムは現在調整中です。決定次第、随時ご報告していきます。

  • 出演者プロフィール

    第2回たかまつ国際古楽祭のゲストの皆様をご紹介します。

    イル・ガルデリーノ

    古楽アンサンブル

    古楽アンサンブル「 イル・ガルデリーノ」は、ベルギー屈指の古楽アンサンブルグループ。グループ名は、 ヴィヴァルディ作曲の協奏曲「イル・ガルデリーノ」に由来する。イル・ガルデリーノはゴシヒキワという鳥の 名前を意味する。 世界的バロックオーボエ奏者のマルセル・ポンセールと、フラウト・トラヴェルソ奏者のヤン ・デ・ヴィンネのふたりを中心に1988年に結成し、2000年以降はフランダース政府の助成金を受け活動している。これまでにブルージュ古楽祭を始め、ユトレヒト古楽祭、プラグ古楽祭、インスブルック古楽祭、ベルリン古楽祭、ライプツィッヒ古楽祭、バルセロナ古楽祭など主要な の古楽祭に招待された。これま でACCENT、Klara、Eufoda 、Etcetera recordsそしてPassacailleなどのCDレーベルで録音を重ねた。発表したCDは25 枚を超え、ディアパゾンやクラシカなど世界中の音楽雑誌から多くの賞を受けている。

  • 第1回たかまつ国際古楽祭

    こちらの公演は終了いたしました。皆様の暖かいご支援、誠にありがとうございました。

  • プログラム、チラシ等のデザインはグラフィックデザイナーの下野ツヨシさんにご協力お願いいたしました。

  • 出演者プロフィール

    第1回たかまつ国際古楽祭の海外ゲストの皆様をご紹介します。

    フランク・アグステリッベ

    Frank Agsteribbe​

    ベルギー、ゲント出身。指揮者、チェンバロ、フォルテピアノ、オルガン奏者、作曲家。王立アントワープ音楽院にてヨス・ファン・インマーゼル、グスタフ・レオンハルトにチェンバロ、オルガン、フォルテピアノ師事。ラ・プティ・バンド、アニマ・エテルナ、イル・フォンダメントなどで演奏。2005年にB’Rock(バロックオーケストラ・ゲント)を設立し2013年まで音楽監督を務める。2010年にはブリュッセルのKlara(ベルギー国営ラジオ)音楽祭にてフィーチャーアーティストを指揮者として受賞。その他コンチェルト・ケルン、ルクセンブルグ・フィルハーモニー、ベルギー国立管弦楽団にて客演指揮、またオペラ指揮者としてブリュッセルのモネ劇場をはじめサン・カルルシュ国立劇場(ポルトガル)、ルール・トリエンナーレ音楽祭(ドイツ)、ベルファスト歌劇場(アイルランド)、ルクセンブルグ歌劇場、フランダース歌劇場などにて指揮。作曲家としてベルリン・ドイツオペラ、ガウデアムス音楽祭(アムステルダム)、ヨーロッパラジオ放送連合から委嘱を受ける。作曲家としても100を超える作品を書き、2010年にはブルージュ国際古楽コンクールのチェンバロ部門の課題曲を書き下ろす。アントワープ王立音楽院教授。

    カントルクス

    CantoLX

    カントルクスはルクセンブルグを拠点に活動している若い声楽アンサンブル。主なレパートリーはルネサンスやバロック、19世紀の音楽で、現代音楽を手がけることもある。ベルギーの指揮者、作曲家であるフランク・アグステリッベを音楽監督として招き、ブルージュ古楽フェスティバル、ユトレヒト古楽祭などに招待された。ルクセンブルグフィルハーモニーとの共演ではフォーレのレクイエムのソロイストを務め好評を博した。ノイミュンスター修道院での音楽祭のアーティスト・イン・レジデンスとして招待されている。「et cetera」レーベルからCD2枚を発表し、国際クラシック音楽賞の声楽アンサンブル部門にノミネートされた。2016年11月に3枚目のCDを録音。ルクセンブルグ政府文化庁の助成金を受けて活動している。第1回たかまつ国際古楽祭in サンポートではアンサンブルからマリヴィ・ブラスコ(ソプラノ)ペーター・デ・ラウレンティス(テノール)カール・ニリン(テオルボ)が来日予定。
        

     

  • お知らせ

    公演情報等を随時更新していきます。

    Graphic Score by Frank Agsteribbe

    協賛金の受付のお知らせ

    第2回たかまつ国際古楽祭に向けて協賛金を受け付けております。

     

    ●協賛金一覧:

    2万円

    プログラムにロゴ掲載 、古楽祭共同プロデュースのCDを1枚贈呈

    (画像データのご提供をお願いしております)

    (メインの公演チケット2枚贈呈)

     

    1万5000円

    プログラムにロゴ掲載

    (画像データのご提供をお願いしております)

    (メインの公演チケット1枚贈呈)

     

    5000円

    プログラムに後援者としてお名前を掲載

    (メインの公演チケット1枚贈呈)

    ・プログラムに後援者としてお名前を掲載(演奏会の3週間前を締め切りとさせていただきます)


    ・締め切り後も第3回に向けて協賛金の方を受け付けております。

     

    ●振込先
    ・百十四銀行 東京支店 普通預金
    口座番号 0407954
    ・タカマツコクサイコガクサイジツコウイインカイ シバタ トシユキ
     

    ●協賛メリット

    地域に根ざした音楽イベントをご支援いただくことで、地域応援や芸術活動への貢献と、公益に力を入れる企業姿勢をアピールすることができます。
    演奏会への招待枠を支援額に応じてご用意いたします。
    チラシ配布や演奏会での企業名の告知も希望があればお受けいたします。

     

    ●お問い合わせ
    ・協賛や運営に関するご質問は以下のメールアドレスまでお願い致します。 takamatsu.kogaku@gmail.com

  • お問い合わせ

    たかまつ国際古楽祭実行委員会 

    takamatsu.kogaku@gmail.com

    もしくは左下の連絡フォームへご連絡ください。